出張マッサージの種類とタイプ別穿きこなし方

紙パンツでお店の質が分かる?

紙パンツ

出張マッサージやメンズエステでは、馴染みが深い紙パンツ。
店舗ごとにカラーを打ち出していて、紙パンツを見ればそのお店のこだわりや意気込みが分かるといっても過言ではありません。

しかし、初めての方は「紙パンツってどういうパンツ?」「紙でできていて破れないの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

紙パンツは、ただの「紙」ではありません。

紙パンツの素材は「不織布(ふしょくふ」」と呼ばれる布なんです。マスクの素材としても知られていますね。

不織布は、繊維を織らずに単純に結合させて仕上げます。織ったり編んだりして仕上げる布より強度は低いものの、安価に大量生産できるのがメリット。

一回きりで使い捨ての紙パンツにはぴったりの素材というわけですね。

紙パンツの種類

Tバック

そんな紙パンツ、かつてはブリーフタイプでしたが、最近ではTバックが主流です。より露出度が高まったことで、出張マッサージのドキドキ感もアップして楽しみ方のバリエーションも増えました。

では紙パンツにはどんな種類があるのか、代表的なものをご紹介します。


【Tバック型(ノーマル)】


紙パンツの定番とも言うべき、ノーマルタイプのTバックです。
面積がかなり小さいため、初心者はこの紙パンツでも恥ずかしさを覚えるかも知れません。

このタイプは周囲がゴム製になっているため、股間をしっかりガードしてくれます。
大事な部分がはみ出さないため、セラピストにしっかり攻めてもらえるのがメリット。

反面、締めつけられる感覚が気になる人もたまにいるようです。


【Tバック型(サイドオープン)】


サイドがスカスカになったタイプのTバック。開放感を味わえるのが特徴。通称、横スカとも呼ばれます。

本来はブラジリアンワックスなどで脱毛する際に着用する紙パンツ。股間のキワまで鼠径部とをほぐしてもらえるのがポイントです。
最近は色のバリエーションも増え、黒、青、ピンク、白など様々なカラーを楽しめます。

ピンクや白は透けやすく、そこがたまらないというマニアも。


【ストレッチ素材型】


少し厚めのタイツのような肌触りで、穿き心地がいい紙パンツです。

ぴったり下半身にフィットしますが、伸縮性があるためそれほど窮屈ではありません。
股上がとても浅いので、施術が進むにつれて急所がポロリしそうなスリルがあります。

また、透け感があるため、羞恥感が味わえるのもマニアックな楽しみ方です。


【トランクス型】


面積が広く、女性用エステ店でも使われている男女兼用の紙パンツです。

大抵、リンパを流す際などにハサミで切れ込みを入れて施術を行います。<
切れ込みの入れ方は2箇所、3箇所などさまざまで、それがお店のカラーになっています。

なかには、ハイレグ形態にカットしてくれるお店もあるようです。


【シースルー型】


形状はノーマル型と同じですが、ノーマルよりも少し小さめ。

オイルに濡れると透け透けになってしまうのが特徴。
オイルを垂らして太腿や鼠径部などをマッサージされると、完全に透けてほぼ全裸状態になってしまいます。

見た目の過激度はこのタイプが一番かも知れません。


【スライド型】


布地の部分がスライドするタイプ。

かなりゆったり感のある、開放的な紙パンツです。
布がスライドすると、お尻もTバック状になってしまうのが特徴

恥ずかしさと機能性を兼ね備えた、優れた紙パンツと言えるでしょう。


【ブリーフ型】


かなり大きめのブリーフ型紙パンツ。男女兼用のエステで多く用いられていました。

最近は見かけることが少なくなってきたようです。


……いかがでしたか。

紙パンツは出張マッサージのユニフォーム。いわば「正装」ともいえるスタイルです。

冒頭に書いた通り、どんな紙パンツを使っているかはそのお店のやる気や創意工夫の判断材料になります。

いろいろ試して、自分にぴったりの一枚を探してみてくださいね。





上に戻る